人と会社、会社と会社のコーディネートにて、両社のWin-Winを加速します。
  • 050-5810-3764
 ホーム > 建部真一の社長ブログ > バンセイ
バンセイ
 
バンセイ

バンセイについてお知らせします

バンセイ:シャンプーと液体石鹸は同じ?

バンセイ(万生)という植物由来の添加剤があります。

添加剤と言うとなんとなく灰色のイメージを私は持ってしまうのですが、実は添加すると言うのは足すことですから、言葉自体に悪い意味は入っていません。

添加剤 てんかざい additive

ある素材に少量の成分を加えることにより、その素材の安定性や物理性状を改善する機能をもつ薬剤を添加剤と総称する。
⇒この説明部分に悪い意味はありませんね。

食品の保存や着色に用いられる合成品は、安全性の点から「食品添加物」として厚生労働省が指定するものに限られるが、石油製品や合成樹脂に添加される薬剤はきわめて多種類にわたっている。
石油製品用の添加剤はとくに種類が多い。
⇒食品添加物(しょくてん)に用いられる合成品。と言う言葉がありますが、この合成品がクセモノでした。

ガソリンのオクタン価向上剤としてテトラエチル鉛は広く用いられた添加剤であるが、(以下略)
[松田治和]日本大百科全書(ニッポニカ)
https://kotobank.jp/word/%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E5%89%A4-769761


それはさておきバンセイ自体は植物由来の天然添加剤です。
柿の葉
ヨモギ
イタドリ
の複数の原料エッセンスを配合発酵させ、複合機能を持った原料となっています。
開発物語は大変面白いですが、長くなるのでまた今度。

弊社ヴェルデオンコンサルティングジャパンは万生を製造するネイチャーグレイス社のコンサルティングを行っているので、勉強しなければならないのです(^^)



今回はシャンプーと液体石鹸の違い。

正確に言うと石鹸シャンプーと液体石鹸の違い。
或いは合成シャンプーと合成液体洗剤の違い。とも言えます。
日常的に合成シャンプーのことをシャンプーと言い合成液体洗剤のことを洗剤と言っています。
ややこしいですね。
(器と言えば例えば食器全般なのですが、その中に、茶碗とお椀と器と湯のみがある、みたいでこの器は一体何?と言う感じ。これも長くなるのでやめます)

実は合成でも石鹸でも一緒なのですが、
石鹸シャンプーや(合成)シャンプーは化粧品メーカーが作るもの、
液体石鹸や合成洗剤は雑貨として作るものと言う違いがあるのです。

と言うか、その違いしか無いわけです。
中身が同じでも作るメーカーによって合成シャンプーか合成洗剤の名前が変わるのでした。
ある意味笑っちゃいますね。

皆さんご存知でしたか?
私は全く知りませんでした。


洗剤(合成洗剤および石鹸を含む)は身近で肌に直接触れるものですし、環境に流れるものなので小さいことでも大切に考えなくてはなりませんね。

ちなみにバンセイは
防臭
抗菌
アンチエイジング
と言う3つの複合効果を持つ機能性添加剤であり天然由来なのでもちろん自然の中で分解します。

防腐剤のいらない化粧品の製造などに今後注目されることになると思います。




コーディネーションコンサルタント
建部真一

LINEで送る
少子化はシャンプーが原因?

少子化はシャンプーが原因。と言われることがありますが、シャンプーだけが原因ではありません。

ただし、多少の知識は持っていたほうがよろしいと思います。

化学物質(と言うのは人体に悪いもの、ぐらいの意味)は頭皮につくと男性は毛穴に、女性は子宮にたまる、と言われています。
化学物質は分解しません。つまり蓄積されるわけですね。
化学物質が子宮に蓄積されて、子供の生まれる確率が増えるか減るか?生まれた子供が正常率が高いか否か?
化学物質を頭に毎日塗っている善男善女は一度考えたほうがよろしいですね。

【シャンプー】と【石鹸シャンプー】の違い。

その前に【洗剤】と【石鹸】の違い。これは抑えておいたほうが良いです。

かく言う私も(58にもなりますが)つい先日までは知りませんでした。
ということは、知らない方のほうが圧倒的に多いのではないかと推測されます。
学校や、公共の場、あるいはメディア(新聞・ラジオ・テレビ)では絶対に教えてくれない事柄認定ですね。

洗剤⇒すべて合成洗剤⇒化学物質⇒体内に蓄積、もちろん環境にも蓄積したがって分解されない。
石鹸⇒環境中で分解できる天然物由来。もちろん身体にも環境にも悪くない。

『それじゃ、使うのは石鹸に決まっているじゃないの!』
と言いたくなりますよね。

『合成洗剤、と言う言葉があるのだから、合成じゃない洗剤もあるんじゃないの?』
『何とかの実洗剤とか何とか物語とか?』
もっともな質問です。
なぜもっともか?
私がした質問だからです(^^)v

答えは簡単(冒頭に戻るわけ)
『洗剤はすべて合成洗剤である』
誤解のないように言うと石鹸も含めて、洗剤、と言う言い方をする時がありますので、そこはご注意を。
うまくだまされないようにしてください。

☓『環境にやさしい洗剤』
そういうものはありません。

【善男善女老若男女普通の日本人の皆さん】は是非とも石鹸および石鹸シャンプーをお使いください。

弊社株式会社ヴェルデオンコンサルティングジャパンはその名の通りコンサルティングがお仕事なので、今保存料を使わなくても石鹸や石鹸シャンプーを作ることの出来る、天然由来植物由来のエッセンスを製造している会社を応援しております。
天然植物抽出液【バンセイ】といいます。

そこの石鹸や石鹸シャンプーはほんとうに安全です。
なにせ、保存料なしで、石鹸や、シャンプーが作れるのです。
ちなみに石鹸や石鹸シャンプーは本物は腐りやすいので、保存料は入っていることが多い。
そこも注意事項の一つです。

参考になれば幸いです。


相談その他はこちらへどうぞ
tatebe@vcj.biz

LINEで送る
植物由来添加剤バンセイ(万生)

植物由来添加剤にバンセイというものがあります。
大変優秀なものなので弊社株式会社ヴェルデオンコンサルティングジャパンにて応援差し上げております。

昨日は今年はじめて開発者である会長を訪問。
もちろんビジネスに興味ある人物をアテンドしました。

会長の住む家とその環境と人柄により『ああ、この人ならこういうものを作るだろうな』と皆さん納得されます。
やはり直接の接点は大事ですね。

バンセイとは? 以前作成した文章を載せておきます。

バンセイ(万生)とは?
2014(平成26)年9月7日(土)
【バンセイとは】植物由来の添加剤です。

【詳しくは】
バンセイは<世界的にも類のない>抗酸化・防臭・抗菌などの<複合効果を持つ><成分もはっきりして><効果も検証されている>植物由来の添加剤です。

【原材料は】
1.イタドリ
2.柿の葉
3.よもぎ
の3種類。いずれも古来より薬草として活用されてきた植物です。

【効果は】
1.抗酸化作用 ⇒アンチエイジングの事ですが当然美白とか頭髪とかにも関係してきます。
2.消臭作用 ⇒加齢臭や足の匂いシックハウスなどへの対応も視野に入ります。
3.抗菌作用 ⇒防腐剤無添加の化粧品、食べのもの腐りにくい容器や袋、など可能です。

【状況は】
1.ネイチャーグレイス社の岡根会長の研究と職人技で出来た添加剤である。(他では出来ない)
2.専門の分析官である(あった)高山氏がその効能を認め、自ら社員となって活動している。(信頼)
3.既に物はできている(アイデアではない)。
4.量産体制もできている(自社工場)。
5.効能についてはエビデンスを取っている。(必要な物はこれからも取得します)
6.既に原材料として複数の会社に収めている。(実績)
7.それらの会社(大手含む)も当然自社で確認を取り効果を認めてからバックオーダーが来ている。
8.製品となり小売もされている。(商品となっている)
9.ロットはまだ多くないものの製品もリピートされている。(お客が付いている)
10.一言で言うと『世界的にも類のない抗酸化・防臭・抗菌などの複合効果を持つ、成分もはっきりして効果も検証されている植物由来の添加剤』となるのですが、一言になっていないので、コピーライティングの能力やプロデュースの能力やマーケッターの能力を必要としています。
11.ヴォイスの村田社長のように流通の専門家が動いてくださるのは製品に魅力を感じるからです。
12.ナチュロパス(WHOの認める自然療法士)びんせい小林氏が賛同頂くのは安全だからです。

これらの状況から、あとはブランディングやマーケティングが残っているだけの完璧なアーリーステージだと理解しております。
地味な製品なので、商品として育てていくのにはそれなりの手はかかると思いますが、楽しみな素材だと思っております。

【製品流通の形態は】
1.原材料 ⇒①液体状 ②パウダー状 ③ペレット状
2.半製品 ⇒①石鹸の原料 ②鮮度保持フィルム ③布など
3.製品 ⇒石鹸、シャンプー、リンス、クリーム、ジェル、塗料、鮮度保持袋、靴、湯のみなど。

★具体的な会社名と興味を持って頂く経営者担当者を直接教えていただければ説明に上がります。

連絡先: tatebe@vcj.biz 080-4058-1421 (担当:建部 たてべ)

LINEで送る

ページの先頭へ