人と会社、会社と会社のコーディネートにて、両社のWin-Winを加速します。
  • 050-5810-3764
 ホーム > 植物工場 > 植物工場の位置付け
植物工場の位置付け
 
農業は定住を広げ文化を進める源になりましたが自然と闘う難しいものでもありました。農業自体も進歩してきましたが、「土」を使った植物工場の出現で4つのパターンがそろったようです。
メリット・デメリットの確認

ここでは4つの方式とメリット・デメリットの確認をしていきます。
他者の欠点を補いながらこの4つの方式は続いていくでしょう。すべてにメリットもデメリットもありますから。

通常の野菜栽培 温室・ビニールハウスなど <水耕>植物工場 <土耕>植物工場
昔からの農業、大地の恵み 工夫した農業 人知を加えた植物工場 人知を加えた植物工場
[メリット] [メリット] [メリット] [メリット]
  • (農地があれば)安い
  • 施設費用はそれほどかからない
  • 季節を問わず収穫
  • 天候に左右されない
  • 虫害無し
  • 農薬不要
  • きれいな野菜
  • 作業が楽
  • 天候に左右されない
  • 虫害無し
  • 農薬不要
  • 化学肥料不要(有機無農薬)
  • 生産量が多い
  • 作業が楽
[デメリット] [デメリット] [デメリット] [デメリット]
  • 天候依存
  • 虫害あり
  • 農薬
  • 化学肥料必要
  • 光が多すぎることあり
  • 天候に左右される
  • 大きな施設は燃料費がかかる
  • 農薬化学肥料必要
  • コストがかかる
  • 化学肥料必要
  • 土でないので生育は不十分
  • 硝酸態窒素の問題あり
  • コストがかかる
  • 工場内軽作業程度の労力が必要

LINEで送る
植物工場をやりたい企業[個人]様へ

植物工場設立及び経営にご興味いただけるのは以下のような方々です

・農業をやりたいが規制が多すぎて難しいと思っている方
・有機無農薬の野菜を手に入れたい方
・新規事業を探している方
・倉庫のオーナー
・空き工場のオーナー
・倉庫や工場を扱う不動産関連会社
・廃校や施設を抱える地方自治体あるいは行政
・食品製造・卸・流通関連の会社
・レストランチェーンのオーナーあるいは仕入部門
・食料自給率をふやそうと考えている方
・地産地消 フードマイレージなどをお考えの方
・産地直送も良いが現地直送が出来たらすごいと思っている方
・中小企業新事業活動促進法を取得したい方

【フロー】

①資料の確認
②工場見学
③説明会
④決断

LINEで送る
植物工場を広めたい企業[個人]様へ

植物工場を広げることのできる方は以下のような方々です

・新規事業を考えている方
・営業の得意な方
・お取引先のたくさんある方
・日本の農業を活性化させたいと思っている方
・不動産関連の会社あるいはお勤めの方
・食品関連の会社あるいはお勤めの方
・行政と一緒に動いている業者の方
・レストランチェーン関連とお取引のある方
・その他色々の方が該当します

【フロー】

①資料の確認
②工場見学
③説明会
④登録
⑤勉強会
⑥自助努力

LINEで送る
 

ページの先頭へ